クラウドソーシング協会は、 クラウドソーシング業界の活性化と健全な発展に貢献することを目的とした非営利団体です。

中小企業のクラウドソーシング活用事例⑥

2015年1月13日 / 活用事例 / Pasona Tech

みなさん、こんにちは!クラウドソーシング協会です!

今回も中小企業がクラウドソーシングを実際に活用した事例をご紹介します。

 

事例1 Webメディアの運営事業者様


[会社名] Webメディア運営会社

[依頼内容] 指定するテーマに対する記事作成

[依頼のきっかけ] 多岐にわたるジャンルに関する優良なコンテンツが必要だった

[ご利用者様の声]

当初の予定では、提案の募集を5日間受付ける予定でしたが、仕事を掲載して5時間ほどで1件提案をいただき、よいお仕事をしていただけそうな方だったのですぐに選定しました。1件目の提案で選定できたので検討する手間もはぶけ、効率的に仕事の依頼先に出会うことができました。

実際に納品していただいた成果物もこちらが思っていた以上にクオリティが高く、社内でも「こんなにクオリティ高く納品していただけるのであれば、また同じ方にお願いしたい。」と話しています。

 

事例2 Webメディア事業者様

[会社名] 株式会社ベンチャーリパブリック様

[依頼内容] 世界90ヵ国超の観光情報制作を発注

[依頼のきっかけ] 短期や単発のコンテンツ制作などに迅速かつ柔軟に対応してもらいたい。

[ご利用者様の声]

弊社のサイトでは、ただ単に旅行商品データを掲載するのではなく、旅行ジャーナリストや
元旅行専門学校講師、旅行会社勤務経験者など旅行に詳しい社内外のスタッフ200名が情報を
整理・発信しており、”目利き”を通すことにより、質・量ともに充実した旅行情報を提供しています。

クリエイターにアウトソースすることで社内リソースの不足の解消や緩和、負担軽減につなげることができますが、中でもクラウドソーシングは「優秀なクリエイターに対する迅速かつ柔軟なアウトソース」を行うための有効な手段であることを実感しています。

今後はサイト構築など、よりクリエイティブな開発・デザイン業務でもクラウドソーシングを
活用していきたいと思っています。

 


 

今回は、単発の仕事をクラウドソーシングで発注された中小企業の事例をご紹介いたしました。

クラウドソーシングを活用することで、専門的な知識を活かした記事やコンテンツの文章を
短期間・低コストで作成されています。

取材が必要な地域ごとに、現地のフリーランスの方に依頼をすることもできますので、
国内だけでなく海外のコンテンツ作成などにも対応することが可能です。

まずは1件の記事作成から発注いただき、
クラウドソーシングのスピード感を実感してみてください!

ページ上部に戻る